葬儀までにやること

葬儀社を選ぶ際のポイント

葬儀社を選ぶ際のポイントの写真

葬儀を最後まで無事に乗り切り、後悔のない満足のいくものにするために最も大切なことが葬儀社選びです。宗教や宗派を問わず、葬儀社は葬儀に必要な準備から葬儀の進行、葬儀終了後のすべてをサポートしてくれます。誤解を恐れずにいえば、ご家族は葬儀社の言う通りに動くだけで葬儀は進んでいきますので、良い葬儀社を選ぶことが良い葬儀にすることに直結するといっても過言ではありません。逆に、良い葬儀社に巡り会えなかった場合は、法外な費用を請求されたり、想定以上に質素な葬儀になってしまったり、と深い後悔が残る葬儀になってしまう可能性が高いくなります。ですが、そのような業者はあるにはありますが、ごく一部の葬儀社ですので、過剰な心配はせず、葬儀社選びのポイントをしっかり抑えて良い葬儀社に巡り合っていただけたらと思います。

葬儀社えらびのポイントは、葬儀の費用が明確、葬儀スタッフの対応が丁寧、低予算でも親切、契約を急かさない、といったところです。

葬儀の費用が明確

葬儀社のウェブサイトやパンフレットでは「家族葬50万円」「火葬式15万円」のように、一見するととても簡潔に分かりやすく表示されているケースが大半ですが、実際には葬儀の費用は個々のケースに応じて変動する要素が多分にあり、ウェブサイトやパンフレットでそのすべてをあらかじめ提示できるような性質の事柄ではありません。にもかかわらず、ざっくりとした見積もりを示されるケースも少なくありません。プラン料金やパッケージ料金に何が含まれていて何が含まれていないかといった詳細の説明まできちんとしてくれる葬儀社を選ぶことで、後から高額な追加費用が請求されてびっくりするような事態は防げるでしょう。

葬儀スタッフの対応が丁寧

素人は黙って葬儀社に従っていればいいとでもいうような態度の葬儀社スタッフは、少なくとも遺族の気持ちに寄り添っているとはいえません。葬儀当日に諸々の気配りをしてくれるのは他ならぬスタッフです。葬儀スタイルのこと、こだわりたいこと、心配なこと、費用のことなど、どんな質問にも親身になって丁寧に答えてくれるようなスタッフのいる葬儀社なら安心できるのではないでしょうか。

葬儀の予算が少なくても親切

葬儀社の利益の観点からいえば、豪華な葬儀ほど望ましいのが事実です。そうした事情から、比較的簡素な葬儀を希望しているとわかると嫌な顔をする葬儀社スタッフもいるようです。遺族の立場に立って何が最善かを誠実に考えてくれるスタッフなら、低予算の葬儀だからといって手のひらを返したように態度を変えることはしないはずです。

葬儀の契約を急かさない

見積もり相談の席で「今すぐに契約すれば割引を適用できる」などと契約を急かされる事例もあるようです。熟慮せず慌てて契約を結べば、後々トラブルとなるリスクも高いと考えられます。また、複数社を比較検討する余地を与えずその場での契約を強引に迫るような葬儀社は、往々にして説明も不十分、各種対応もずさんといったケースが多くあります。